本棚

a3347

 

がんに負けないこころとからだをつくるための本

『がんに負けないこころとからだのつくりかた』(英訳版)

がんにまけないこころとからだのつくりかた(英訳版)・見本 

 

WIKOMでご購入できます。 ⇒ 075-223-3223 までお電話下さい。

または
ホームページからご注文できます。 ⇒ オーダーシート

Seller will not ship internationally. 

BUILDING MENTAL AND PHYSICAL CANCER RESISTANCE
Reo Hamaguchi, Michiko Hasegawa, and Hiromi Wada
発行:WIKOM研究所 
定価(本体1,500円+税)

From the Preface

What is cancer? It is something that forms in your body, and is most likely to be
something that your body itself created. Therefore, the cancer will not subside unless
you change the constitution of your body that created the cancer in the first place.
Although many patients try to convince themselves that “the cause of the cancer is
unknown”, this is in fact not the case ? they are just not trying to understand the cause.
And, if they themselves created the cancer, do they really want to cure it from the
bottom of their hearts? Are they really trying to lead both their minds and bodies to
control the cancer? When I talk to patients in the consultation room, it strikes me that so
few patients talk with their doctors and try to understand the treatment choices, the
details of their treatment of choice, and the actual course of treatment.

In general, cancer patients believe that cancer treatments are very unpleasant, that most
treatments are ineffective, and that most patients die quickly in a lot of pain. However,
if patients can change their attitudes, they will be able to overcome such problems.

In the outpatient clinic, I encounter many patients who tell me that they were under a lot
of stress from a few years previously until right before they developed cancer. In
medicine, there is something called the “autonomic nervous system and the
hypothalamic-pituitary axis”, in which one’s emotions affect the pituitary gland, which
then secretes fight hormones such as adrenaline, noradrenaline, and corticosterone.
Strong anger or anxiety is known to disrupt the body’s hormonal balance, resulting in a
decrease in the activities of the immune system. Moreover, it is also known that feeling
comfortable or happy leads to activation of the immune system.

Although doctors will often make comments, such as “you cannot be cured” or “this
treatment will only be effective temporarily and will eventually become ineffective”,
such comments will only weaken the patient’s immune system, leading to unfavorable
treatment outcomes. Treatments must be undergone with hope. By preparing your body
into “a body that does not succumb to cancer” before receiving cancer treatment, you
will be able to gain maximum benefit from the treatments. This book was written to
guide cancer patients in this way. It would be my great pleasure if this book would
benefit patients and assist them in their future cancer treatments.

がんに絶対に勝つ和田式食事法を紹介!食事のレシピも満載!

がんに絶対勝ちたい! 和田式食事法

がんに負けないこころとからだのつくりかた・見本 
WIKOMでご購入できます。 ⇒ 075-223-3223 までお電話下さい。
または
ホームページからご注文できます。 ⇒ オーダーシート

著者:和田 洋巳
発行:宝島社
定価(本体1,300円+税) 好評発売中です。

和田洋巳先生の待望の新刊本が完成しました。
「がんは生活習慣病。自分で作ってしまったがんは自分で治す」をモットーに、がんサバイバーを研究することで導き出した、体質を変える奇跡の食事療法を紹介します。
がんの発生メカニズムの解説からはじまり、和田式食事法の基本、いつものごはん・とっておきごはんの計14日分の詳細なレシピなどが含まれます。
医者まかせの治療で苦痛を感じている人、末期がんを宣告され治療法に悩む人、がんを予防したい人、生き生きとした毎日を願うすべての人におすすめの本です。

 

がんに負けないこころとからだをつくるための本

『がんに負けないこころとからだのつくりかた』

がんに負けないこころとからだのつくりかた・見本 
画像をクリックすれば立ち読みができます(書籍サンプル 16.4MB)。

WIKOMでご購入できます。 ⇒ 075-223-3223 までお電話下さい。
または
ホームページからご注文できます。 ⇒ オーダーシート

著者:浜口 玲央, 長谷川 充子, 和田 洋巳
発行:WIKOM研究所 
定価(本体1,500円+税)

がんとは何でしょうか?それは自分のからだにできたもので、おそらく自分で作ったものです。だから、自分でがんを作ったからだの、その体質を変えない限り、がんはおとなしくならないと思います。
多くの患者さんは『がんの原因はわからない』と思おうとしていますが、そうではなくわかろうとしていないのです。そして、もし自分が作ったがんなら、本当に心からがんを治したいと思っているのでしょうか?自分自身のからだと心を、がんがおとなしくなるように向けているのでしょうか?
医師と話をしてどのような治療方法を選ぶのか、その治療方法の詳しい内容と実際の進め方はどうなのか、そのようなことをしっかり理解している患者さんがあまりにも少ないことが、診察室で患者さんと話をしていると強く感じられます。
<中略>
「あなたは治りません」、「この治療では抑えているだけでそのうち効かなくなります」、このようにがん治療医から言われることは珍しくありませんが、これでは患者さんは免疫力が落ちて治療効果が期待できません。希望があってこその治療です。
自分のからだを『がんに負けないからだ』にして治療を受ければ最大の効果を得ることができるでしょう。この本はそのようにあなた方・がん患者さんを導くようにとまとめた本です。これからのがん治療に役立てていただければ幸せと思います。 和田 洋巳
-本書「はじめに」より抜粋-

 

がんに負けないからだをつくるためのレシピ本

『がんに負けないからだをつくる 和田屋のごはん』

和田屋のごはん・見本 
画像をクリックすれば立ち読みができます(書籍サンプル 29.3MB)。

WIKOMでご購入できます。 ⇒ 075-223-3223 までお電話下さい。
または
ホームページからご注文できます。 ⇒ オーダーシート

著者:和田 洋巳, 長谷川 充子, 樫 幸
発行:WIKOM研究所 
定価(本体1,600円+税)

がんにならないように、生活習慣病にならないように、というコンセプトでつくられた日々の食事のレシピ本です。
がん治療に携わる医師がおすすめする、からだが喜ぶ、おいしいごはんのつくりかたを紹介します。

文中 ~和田屋のコンセプト~ から
『何年、何十年と続けてきた食生活が私たちのからだをつくり、時には病気の原因にもなります。豊かで食に困らず、そして医療の発達した時代だからこそ、見落としがちなのは普段の食の重要性です。私たち人間にとって、適切な食生活とはどのようなものなのか。和田屋では、「本当の意味でからだが喜ぶこと、健康なからだをつくること」そのような手助けをすることを目標としています。』
和田 洋巳

*本文訂正:p184の発酵食膳店「HOZON」は閉店いたしました。

がんに負けないからだをつくるための本

『がんに負けないからだをつくる』

がんに負けないからだをつくる 

WIKOMには在庫がありません。
Amazonで中古本がご購入できます。 ⇒ Amazonでご購入(中古本になります)

著者:和田 洋巳, 松本 恭
発行:春秋社
定価(本体1,600円+税)

肺がんの権威が、食生活を変えることで体質改善を行い、 免疫力を高めることこそがん治療の根本だと説く。
著者が提案するがん治療の重要なポイントは、 「炎症を鎮めてがんが住みにくい体質になる」「骨髄免疫機能を高めること」の 2点。
三大治療を受ける前に、これを心がけるだけでがん治療の効果が高まるという。 具体的には、新鮮な野菜や果物ジュースを取る、塩分や糖分を制限するだけで がん治療中の苦しみを減らすことができる。
がんに効くといわれるサプリメントや各種補完代替療法の使いこなし方についても がん専門医の立場から実例をあげている。
後半では、14の詳細な症例記録と患者インタビューを通して、 がんを抱えて暮らすことや、家庭で無理なく続けられる食事療法のコツなど がんにまつわる心とからだの問題について丁寧に解きほぐしている。
本書で取り上げている症例は、著者の専門である肺がんに加えて、 すい臓がん、悪性リンパ腫、乳がん、大腸がんなど。

 

エントロピー理論をベースにがんを克服するための理論と治療法

『がんとエントロピー -「からだ力」で立ちむかう』

がんとエントロピー 

WIKOMには在庫がありません。
Amazonでご購入できます。 ⇒ Amazonでご購入 (絶版のため、プリント・オン・デマンドになります。)

著者:和田 洋巳
発行:NTT出版
定価(本体2,200円+税)

加齢や老化、そしてDNAの変成がおもな原因である「がん化」はすべて、エントロピーの増大が起因している。そのため、からだの免疫力を高めておくことが、がん予防のポイントとなる。
外科専門医として多数の症例に立ち会ってきた著者が、これまでの経験から導き出された理論と治療法について、具体例を交えて解説する。

 

Amazonまたは書店でご購入できない場合は、WIKOM研究所までお問い合わせください。
〒604-0842
京都府京都市中京区西押小路町119番地
株式会社WIKOM研究所
電話:075-223-3223 FAX:075-223-3222